top of page
日本舞踊の可能性vol.6イメージ

日本舞踊の可能性 vol.6

私たちは知らない。

             正史のはざまに散った、勇者たちの物語を。

2024年11月22(Fri)19時 /  23(Sat)15時  
浅草公会堂map

琉球英雄傳 2024PV

日本舞踊の可能性 vol.6 最新情報

2024.6.19

続々と嬉しい新情報が出てきております。

2024年日本舞踊の可能性 vol.6、琉球英雄傅 2024PV が完成し、お披露目です。​お楽しみください。

2024.6.19

大変お待たせしました!

2024年日本舞踊の可能性 vol.6、チラシが完成し、本格始動です!

それに伴い、演目名が変更になりました!

琉球英雄傅(りゅうきゅうえいゆうでん)

​更になんと人間国宝の 志田房子 も特別出演! 詳細は下記にてご案内します。

日本舞踊の可能性
rankohDCB0671.jpg
撮影: ©瀬戸秀美
映像とのコラボーレーション

バレエとのコラボレーション

ピアノとのコラボレーション
また

西洋文学を題材にとり、あるいは若手女性舞踊家の魅力にスポットをあてるなど、2018年のvol.1以降、さまざまな可能性を提示し続けている「日本舞踊の可能性」公演。

 

vol.6は、日本舞踊と琉球舞踊とのコラボレーション。

全員が重要無形文化財「日本舞踊」総合指定保持者で紫綬褒章受章の五耀會と、琉球舞踊重踊流宗家親子が共演する。

藤間蘭黄 (Rankoh Fujima)

芸術監督   Artistic director

私たちは知らない。
正史のはざまに散った、勇者たちの物語を。

琉球英雄傅
りゅうきゅうえいゆうでん

 時は十五世紀。按司と呼ばれる豪族たちを統括する首里の琉球王・尚泰久(山村友五郎)のもとには、父王と共に琉球統一を果たした中城の按司・護佐丸(西川箕乃助)や家来の金丸(花柳寿楽)、⼤城賢雄(花柳 基)らが仕えていた。

 しかし王朝の権力はいまだ安泰ではない。

とりわけ若き按司・阿⿇和利(藤間蘭黄)のもと勢いを増す勝連は、首里の脅威となっていた。

琉球の平和のために阿⿇和利のもとへ嫁いでいく、王の娘で護佐丸の孫・百⼗踏揚(志田真木)。

その裏で、ひとつの陰謀が動き始めていた――。

日本舞踊の可能性vol.6チラシ

『琉球英雄傳

【作・振付・演出】  藤間蘭黄

【作曲・作調】    杵屋勝四郎

【作調】       堅田新十郎

<出 演>

大らかで自然体、円熟を極めた

まろやかな踊りが持ち味

     ​     西川箕乃助

現在進行形の進化を見せる

日本舞踊界のダンスールノーブル

          花柳寿楽

驚異の身体能力で高く跳ぶ!

踊る喜びに満ちた

日本舞踊界きってのテクニシャン

          花柳 基

音楽的な踊りと知的な役作り

脚本演出振付も手がけるマルチプレイヤー

          藤間蘭黄

流れる水のようにさらさらと

大河のように悠と舞う

上方舞の名手

          山村友五郎

たおやかな所作に美と情念が匂い立つ

琉球舞踊の美神(ミューズ)

          志田真木

 ​特別出演  人間国宝・琉球舞踊重踊流宗家       

          志田房子

 

<演奏>

杵屋勝四郎・杵屋栄八郎 社中

 堅田新十郎 社中

 中川敏裕

照明:足立 恒

美術:河内連太   

日本舞踊の可能性vol.6イメージ

迫力の戦闘シーン、知られざる夫婦愛と親子愛。

全員が重要無形文化財「日本舞踊」総合指定保持者で紫綬褒章受章の五耀會*と、琉球舞踊重踊流宗家親子が共演。

伝統的な舞踊の手法と大胆な発想で、伝説の「阿⿇和利と護佐丸の乱」に新たな光を当てる……!

*蘭黄、箕乃助、寿楽、基、友五郎5人の日本舞踊ユニット

​撮影:Yoshiyuki Okubo
チケット概要

2024.11.22(Fri) 19:00~/23(Sat) 15:00~

S

10,000円

A

8,000円

B

5,000円

C

2,000円

特典付きパトロネージュシート(公演支援席)
​※(株)代地のみでの販売。

30,000円

 8月21日(水)チケット発売! 

チケットの予約・申込・お問合せは
(株)代 地 ​  (本サイトお問合せページ)
または ​ イープラス申込のみ)、
カンフェティ申込のみ)からもどうぞ 

主催 株式会社​ 代地

東京都台東区柳橋2-1-1 Tel: 03-5829-6130

contact@daichi-fjm.co.jp

bottom of page