山村光

山村光 Hikari Yamamura 

山村流宗家の長女として大阪に生まれる。幼少より、祖母・四世宗家、母・糸に指導を受ける。昭和48年、地唄『石橋』にて初舞台。
早世した母の遺志を継ぎ、兄・六世宗家 山村友五郎と共に山村流の伝統を次代に伝えるため力を尽くしている。
昭和60年、兄と「双葉会」を開催。平成5年より、「山村光リサイタル」を主催する。
昭和62年、咲くやこの花賞、平成3、7年、大阪文化祭奨励賞、平成11年、大阪文化祭賞、平成22年、舞踊批評家協会新人賞 受賞。
平成27年、「三都で舞う・三都を舞う」と題し東京・京都・大阪で「山村光リサイタル」を開催、その成果として、芸術選奨新人賞を受賞。宝塚音楽学校日本舞踊講師。

※本公演時(2022年)プロフィール