杵屋小三郎 Kosaburo Kineya 

平成10年東京生まれ。三味線を父八世杵屋勝三郎、杵屋勝十朗師に師事。

14歳で「杵屋あまね」、20歳で「四代目杵屋小三郎」を襲名。これまでに、南座・博多座・歌舞伎座他で立三味線を務める。令和3年東京藝術大学音楽学部邦楽科首席卒業。古典演奏の傍ら、新作舞踊の作曲、現代曲の初演等も積極的に行う。

※本公演時(2022年)プロフィール